【海鮮】今日は魚気分♡今が旬の鯵(あじ)を味(あじ)わいたいw

「目利き」が選んだ、今月の旬な魚

鯵(あじ)

新鮮な魚を直送画像はイメージ

旬は、5~7月とされているよ。暖流にのって日本周辺を回遊し、季節を問わず漁獲されるんだ。旬に獲れるアジは小~中型で、脂のノリがノリノリのノリオ。様々な種類があって、漁獲量はマアジ、ムロアジともに長崎が1位だよ。マアジは鹿児島と和歌山、ムロアジは島根の水揚げが多いんだ。塩焼きも良し、干しても良し、もちろん刺身も良し。骨が多くて食べにくいイメージかもしれないけど、調理方法の幅が広いから骨すらも美味しく食べれるのが最大の特徴だね。

海老(えび)

九州各県の出荷が多い画像はイメージ

旬は、6~9月とされているよ。昔は江戸前(東京湾)で獲れたものが最上品とされていたんだけど、水質汚染によって今では殆ど獲ることができないんだ。水温が高いほうが成長が早くて、九州各県の出荷が多いよ。成長すると20cmくらいになるけど、小ぶりのものをサイマキと呼んだりもするんだ。

鰯(いわし)

新鮮な素材の味を贅沢に味わう画像はイメージ

旬は、6~10月とされているよ。マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシなどが知られているね。一般的に広く出回っているマイワシは、春に北上して秋に南下するんだ。脂がノっていて美味だよ。ウルメイワシは、徳島が産地で大型だから刺身や干物に適しているんだ。カタクチイワシは、15cmほどと超小さい。アンチョビなどの代用品として、缶詰加工されることが多いよ。

「目利き」が選ぶ美味しい鯵

旬な魚の中から今回ピックアップしたのは、目利きの鯵!鯵って赤身魚なのに青魚って呼ぶよね。それって身が青いわけではなくて、背中が青黒い魚のことを総称して青魚って括るからなんだ。身肉に水分が多くて、EPA・DHAを含む脂肪酸が多いから健康にもイイって言われるよね。でも腐りやすいから、最高の味を味わえる寿命はとても短いんだ。新鮮だからこそ、目利きの鯵は絶品!注目すべき3品を紹介しちゃうよ。

鯵の刺身

下り鰯の方が脂がよりノっていて美味画像はイメージ

新鮮な素材の味を贅沢に味わうなら、やっぱり刺身は外せないよね。薬味にワサビとショウガが付いてくるから、好みで味を変えてみるのもイイ。新鮮さがウリのメニューなので、旬の今しか味わうことができないんだ。特有の臭みも、新鮮だから少なくて気にならないよ。生が苦手な人でも、手軽に鯵の刺身を味わうことができるね。日本酒の冷が抜群に相性イイんだ!試してみたくなるでしょ?

鯵の薬味タタキ ごまだれ仕立て

ごまだれ仕立て画像はイメージ

コリコリした歯ごたえが残る鯵の身は弾力があり、お酒との相性が抜群なんだ。レシピサイトでも、多くの投稿があって人気だよね。タタキのオシャンティ版として主婦やOLさんに愛されているらしいけど、つまみとしても最高。意外かもしれないけど、麦焼酎がタタキの歯ごたえにマッチするから箸が止まらなくなるよ。種類豊富な麦焼酎が揃っているから、ベストな焼酎を探してみるのも楽しみのひとつになりそう。

全開バリバリ!!国産鯵茶漬け

鯵が丸ごとお茶漬けに画像はイメージ

香ばしく揚げた鯵が丸ごとお茶漬けに乗っかって出てくるよ。写真を見て、いやいやいやって思うでしょ?マジなんだ。初めて見たときには何してくれちゃってるんだって感じだったんだけど、一度味わっちゃうと他のお茶漬けじゃ物足りなさ半端ない。まずはバリバリとその香ばしさを味わって、そのあと身を解してお茶に浸してしっとり食すのがイイ◎鯵の香ばしさと風味が染み渡った汁を最後の一滴まで飲み干したくなるお茶漬けだよ。締めの一品として、外せない。

鮮魚は全国各地の漁港からの直送品

全国各地の漁港や漁師さんから届く、獲れたて鮮魚が味わえるんだ。浜の応援団として、漁港や漁師さんとマッチングすることで水産日本の復活に向けて取り組んでいるよ。だからこそ、店舗では新鮮な魚介類を食べることができているんだね。恩恵で新鮮な魚が食べられるなら、もっと広まってくれたらイイなって思っちゃう。

  • ・鳥取県 境港
  • ・宮崎県 石巻
  • ・新潟県 新潟
  • ・千葉県 函館
  • ・長崎県 佐世保

まとめ

  • 今月の目利きの旬の魚は鯵。
  • 鯵が新鮮かどうかは、目・エラ・頭・尻の状態で分かる。
  • 天候や休漁で水揚げがない場合がある。
  • 直送品の為、仕入れ分が無くなり次第終了する。

店舗検索はこちら

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の転載・使用を固く禁じます。無断転載は法律違反です。