【こだわり調味料】塩と醤油の旨い居酒屋【おふくろの味】

居酒屋で見つけた懐かしい味

誰にでもある郷土の味。懐かしい味を食べると元気になるよね。九州の郷土の味満載の居酒屋を見つけたのでみんなにも紹介するよ!

【こだわり調味料】塩と醤油の旨い居酒屋にそそられる件画像はイメージ

なんにでも合うお通しの味噌

まずはサクッと飲み始めようと思って「トリビーと枝豆」を頼んだら、お酒を頼んで最初に出くるお通しはキャベツと胡瓜の野菜の盛り合わせと小さな壺がでてきたよ。店員さん曰くお店特製の「なめ味噌」入っていて「なめ味噌」は麦すり味噌に「カシューナッツ・野沢菜・にんにく等」7品目を含めたオリジナルお味噌なんだって。
一口つけつると(゚д゚)ウマーーーーーー
これ美味しいね!って店員さんに言ったら枝豆も「奄美さんご塩」を使っていて、こちらも普通の居酒屋の塩より美味しいそう!食べてみると確かに美味しい。店員さんに聞いた所、一般的な精製塩とは違い添加物は加えず奄美のサンゴ礁から湧き上がる海水のミネラル分のみで作った混じりっけなしの自然海塩なんだって。表面についている塩だけ食べると苦味はあっても下に乗せたときのしょっぱさはじんわり優しい味わい。メニューの人気ランキングBEST1の「とりの炭火焼きの旨塩」にもこの塩を使っているとのことで早速2杯目の生ビールと一緒に追加。

奄美さんご塩・・・さんごしお・・さんごしょう・サンゴ礁っ!てダジャレやないかい!

なめ味噌画像はイメージ

創業明治45年 鹿児島の醤油

2杯目のビールと一緒に最初に頼んだ刺し身4種の盛り合わせが到着。お刺身と一緒にちょっと高そうな容れ物に入った九州のお醤油も持ってきてくれたよ。山内農場では「カネヨ」さんの「あまくちさしみ醤油」を使ってるそう。九州の中では特に甘口で有名な鹿児島の醤油で創業明治45年100年以上も続く味なんだ。関東の醤油と違って塩分は少なめで旨味が強いので刺し身などにはちょっとつけるんではなく、たっぷりつけて食べよう。わさびも多めでOK。
思ったより美味しくないと感じた人は刺し身に付ける量も気にしてもう一口食べてみて!
九州ではお馴染みの甘口醤油の中でも甘味には加工された食品添加物ではなく黒糖を使って甘味をだしているのがポイント。

刺身四種盛り合わせ画像はイメージ

こだわり調味料はおかわり可能♡

続いてメニューの「九酒うの果実酒」からお替りをチョイス
九州・・・きゅうしゅう・・九州っ!てダジャレやないかい!
・・・といいつつダジャレ好きな山内農場の人気ランキングBEST1の「とりの炭火焼きの旨塩」が到着。こちらにはもはや全国区の人気!柚木胡椒が一緒にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
山内農場では赤柚子胡椒と・青柚子胡椒の2つが付いてきます。赤柚子胡椒はピリッと辛口で、青柚子胡椒は柚子の香りが楽しめるんだそう。

そのまま食べて、赤つけて、青つけて食べてたら途中で柚子胡椒がなくなってしまいました…追いマヨの様に後少しだけチョイ足しできたら…なんと店員さんにお願いしたら
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!追加で持ってきてくれたよ。

噛めば噛むほど溢れ出る肉汁に旨味がいっぱい画像はイメージ

意外な組み合わせベスト3

最初から柚子胡椒がついてくる「とりの炭火焼の旨塩」全部そのまま食べても面白くないので余った柚子胡椒をプラスで食べる独断と偏見によるベストメニュー

※2019年6月時点のメニュー。

九州産サバの開き

九州産サバの開き画像はイメージ

農場自慢のもつ鍋

農場自慢のもつ鍋画像はイメージ

単品ご飯

単品ご飯画像はイメージ

なんと以外に感じるかも知れないですが、ぜひお家でも試して欲しい「単品ご飯」。おすすめはご飯が半分になったら青柚子胡椒少しだけ入れ混ぜて食べるんだ。おにぎりの塩と一緒で冷めても美味しい、おにぎりに応用しても美味しいよ。

まとめ

  • 塩・醤油と調味料からこだわった居酒屋があった。
  • お替りした味噌・柚子胡椒は他の商品につけても美味。
  • 九州出身ならわかる懐かしの味が山内農場に有る。

店舗検索はこちら

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の転載・使用を固く禁じます。無断転載は法律違反です。