飲んで食べて大満足!居酒屋さんの「大感謝」メニューが熱い!

居酒屋さんの「大感謝」メニューが熱い画像はイメージ

いよいよ暑い夏がやってくるけど、じめじめと暑い夏には、ぐいーっとお酒を飲みながら季節限定の美味しい料理を食べたいよね!

今回はそんな夏本番を前に、居酒屋さんで見つけた、今年の夏に食べて欲しいおすすめ料理ベスト4!を紹介していくよ~。

スタミナ満点のお肉メニューから、食欲がないときでもさっぱりと頂ける鮮魚料理まで、大満足のメニューとお得なキャンペーンを確認していこう!

この夏に食べたい!居酒屋さんのおすすめ料理ベスト4!

居酒屋さんのおすすめ料理ベスト4画像はイメージ

今回見つけたのは、居酒屋チェーン「モンテローザグループ」の一部の店舗で行われるもの。
この夏におすすめの料理とお得なキャンペーンが、2022年6月1日~2022年8月31日まで開催されるんだ。

内容はというと、キャンペーン対象店舗で『大感謝メニュー』を1グループ1品以上注文した上で、グループ全員がそのほかの「おすすめメニュー」をどれか1つ注文すると、オトクな飲み放題が利用できちゃうんだって!(キャンペーン詳細は対象店舗のおすすめメニューをチェックしてね)

そして、この夏おすすめの「大感謝メニュー」は下記の4つ!

  • 地どり三昧焼き(魚民・キタノイチバ)
  • 国産牛大判リブロースステーキ(白木屋・笑笑)
  • そば出汁で食べる黒毛和牛と国産豚の夏野菜しゃぶしゃぶ(山内農場・千年の宴)
  • 生本鮪食べ比べ(目利きの銀次)

※メニューはそれぞれお()内のお店で扱っているよ。

いったいどんな料理なのか?!詳しく解説していくよ~。

地どりの三味焼

地どりの三味焼画像はイメージ

この夏に食べて欲しいおすすめ料理の1つ目は、美味しい地どりの三味焼だよ~。

こだわりの地どりを3つの焼き方で食べ比べができるボリューム満点の料理!
食べ比べができるのは下記の3つ!

  • もも肉を生タイプの塩麹に漬け込んで焼いた「塩麴焼」
  • もも肉をトスカーナ岩塩と山椒を揉み込んでから焼いた「山椒焼」
  • ムネ肉をオリジナルの味噌ベースの山賊のタレに漬け込んだ「山賊焼」

それぞれ違った味わいが楽しめるので、最後まで飽きずに食べられそうだよね!

ちなみに、山賊焼きにはルーツが2つあり、1つは長野県松本市や塩尻市を中心に親しまれている「揚げ物」の山賊焼き、もう1つは山口県岩国市など各地で食べられている「焼き物」の山賊焼きなんだそうな。

長野県では山賊焼きは油で揚げてあるけど、山口県では油で揚げず、オーブンやグリル、炭火などで焼いているんだそうだよ~。

どっちの食べ方でも食べてみたい!

ジューシーな地どりにはお酒もぴったりなので、好きなお酒とあわせて味わってみてね~。

詳しくは下記のリンク先を見てね~。

キャンペーンと
地どりの三味焼をチェック!

国産大判リブロースステーキ

国産大判リブロースステーキ画像はイメージ

2つ目の紹介するのは、国産牛大判リブロースステーキだよ~。

国産牛のリブロースステーキが、大迫力の大判サイズでどーんと提供されるお得なメニュー!

リブロースステーキにはブラックペッパーと特製調味料をかけて焼き上げて、さらに上にフライドガーリックとガーリックマーガリンをのっけて、特製ソースでいただく!

ガツンとガーリックの風味がきいた食欲をそそるボリューム満点のメニューだよ!

ちなみに、リブロースって牛のどの部分か知ってる?

リブロースは肩ロース・サーロインの間にあたる部位のお肉のこと。

ロースは実は、リブロースのほかに、肩ロース、サーロインの3つに分けられるけど、3つのロースの中で最も肉質がきめ細かくて霜降りになりやすいのがリブロースなんだって!

やわらかくで濃厚なうま味が特徴!

本格的な夏を前に、おいしいリブロースステーキでスタミナをつけたいよね!

もちろん、お肉を食べるとお酒もすすんじゃう~。

詳しくは下記のリンク先を見てね~。

キャンペーンと
大判リブロースステーキとチェック!

そば出汁で食べる!黒毛和牛と国産豚の夏野菜しゃぶしゃぶ

黒毛和牛と国産豚の夏野菜しゃぶしゃぶ画像はイメージ

3つ目に紹介するのは、そば出汁で食べる!黒毛和牛と国産豚の夏野菜しゃぶしゃぶだよ~。

しゃぶしゃぶって「豚派」「牛派」にわかれることもあるけど、なんとこのメニューは国産和牛も国産豚も味わえちゃう、どっち派の人も満足の料理!

夏野菜には長ネギにむらさき大根、赤パプリカ、黄パプリカ、茗荷、オクラと、夏をめいっぱい感じるフレッシュなお野菜ばかり!

また、お出汁がそば出汁なので、普通のしゃぶしゃぶとは違った味わいで美味しい!

最後は、肉汁と夏野菜の風味が溶け込んだそば出汁に、おそばをいれて頂けちゃうので、おそば好きもたまらない!

ちなみに「しゃぶしゃぶ」ってなんでこの名前がついたか知ってる?

しゃぶしゃぶは、実は1952年に大阪にある老舗料理店「永楽町スエヒロ本店」の三宅忠一氏が、「牛肉の水炊き」を「しゃぶしゃぶ」とネーミングしたのが始まりなんだそうな。

なぜ「しゃぶしゃぶ」なのかというと、仲居さんがタライでお店のおしぼりを洗濯していたときに「じゃぶじゃぶ」とおしぼりをすすぐ様子が、鍋の中で牛肉をいれてさっと火を通す様子と似ていたので「しゃぶしゃぶ」というメニュー名が思いついたんだって!

今では一般的に広まった名前だけど、お洗濯から名前がついたなんて面白いよね!

黒毛和牛と国産豚のしゃぶしゃぶとともに、さっぱり美味しい夏野菜と最後におそばもいただけちゃうお得なメニューの詳細は、下記のリンク先を見てね~。

キャンペーンと
夏野菜しゃぶしゃぶをチェック!

生本鮪(まぐろ)食べ比べ

生本鮪(まぐろ)食べ比べ画像はイメージ

最後に紹介するのが、生本鮪(まぐろ)食べ比べ!

生本鮪の赤身と中トロ、大トロの3部位だけでなく、中トロ塩炙り、粗たたきねぎとろも味わえちゃう、マグロ好きにはたまらない一品!

さっぱりした赤身もいいけど、大トロのたっぷり脂ののった美味しさは格別だよね!

また、中トロ塩炙りは、おろしとわさびを添えてそのまま食べるのがうまい!

トロの甘みと濃厚な香り、わさびのさっぱりとしてツンとする香りが楽しめる一品だよ~。

ちなみに、なんで「トロ」と呼ばれているのかというと、トロは食べると舌の上でトロッとしたとろけるような感触があるからなんだそうな。

「トロ」と呼ばれ始めたのは大正時代からで、それより前は脂身から「アブ」と呼ばれていたんだって。

江戸時代には実はトロの部分はあまり食べられていなくて、赤身の方が上等な部位と考えられていたんだそうだよ。

トロが「美味しい!」と食べられるようになったのは、大正末以降なんだって。

そんな美味しいトロが、中トロ、大トロとどちらも味わえちゃう贅沢メニューをぜひこの夏に味わってみてね~。

(※マグロは全て生の冷蔵マグロなのでお盆の時期や天候等で水揚げがない場合は品切れになる場合もあるので注意してね!)

メニューの詳細は、下記のリンク先を見てね~。

キャンペーンと
生本鮪食べ比べをチェック!

まとめ

  • 2022年の夏は「大感謝メニュー」で乗り切ろう!
  • お店毎におススメの「スタミナお肉メニュー」や「さっぱり鮮魚」を楽しもう!
  • キャンペーン開催期間は2022年6月1日~2022年8月31日まで!
  • キャンペーンを利用するとお得な飲み放題も利用できるよ