ハロウィンの伝統的な食べ物とは?アイルランドとアメリカでは料理が違うって本当?

ハロウィンの伝統的な食べ物とは?画像はイメージ

日本でも10月の大きなイベントとして定着したハロウィン!

「ハロウィンには仮装!」というイメージが強いけど、ハロウィン発祥の地、アイルランドでは、収穫祭として、色んな伝統的な食べ物を食べるんだって。

でも、本場のアイルランドでは「かぼちゃ」は食べないって知ってた?

今回は、本場のアイルランドやアメリカで、ハロウィンの日に食べる伝統料理について調べてみたよ~。

また、自宅でも作れるようにレシピも紹介するので、今年のハロウィンは本格的な伝統料理を味わってみよう!

そもそもハロウィンってどんな行事?

そもそもハロウィンってどんな行事?画像はイメージ

ハロウィンというと「仮装してお菓子を配る」「トリックオアトリート!」っていうイメージがあるけど、実はアイルランド発祥の伝統的なお祭りなんだよ。

ここでは、ハロウィンの歴史について確認してみよう!

もともとはアイルランドのお祭りだった

今では世界中で行われているハロウィンだけど、もともとは何千年も前のアイルランドの古代ケルト人のお祭りが起源だとされているよ。

アイルランド語では「Samhain(サワン)」と言って「夏の終わり」を意味するんだけど、古代ケルト人は10月31日で1年が終わり(夏の終わり)、11月1日から新しい年が始まる(冬の始まり)と考えていたんだって。

そしてこの10月31日には死者の魂がよみがえり生家に帰ってくるとともに、悪霊や悪魔たちも一緒に現世にやってくると考えられていたため、彼らの機嫌を損ねないようにたくさんの料理を作って、用意したテーブルに置いておいたそうだよ。

また、自分たちも動物の頭や毛皮などをかぶって仮装し、霊に見つけられないようにしたんだって。

そして、この10月31日は、キリスト教の11月1日「諸聖人の日(All Hallows)」の前日(eve)であることからHallows eveとなり、これがなまってHalloween(ハロウィン)と呼ぶようになっていったと言われているよ。

アメリカでハロウィンの行事が変化?

アイルランドで何千年も前から行われていた行事が、なぜ世界中に広まったのかが気になるよね。

それは、1840年代にアイルランドからアメリカにたくさんの人が移民したことがきっかけなんだ。

アメリカに移民したアイルランドの人たちから、アメリカ人にもこのハロウィンの伝統が広まっていったんだね。

また、アイルランドではかぼちゃではなく「かぶ」をくりぬいたものにろうそくをいれてランタンにしているけど、アメリカにはかぶがなかったので、よく生産されていた「かぼちゃ」が使われるようになったんだそうな。

いまではすっかり、ハロウィンといえば「かぼちゃ」のイメージだけど、もともとは「かぶ」だったなんてびっくりだよね!

ハロウィンの伝統料理ってどんなの?

ハロウィンの伝統料理ってどんなの?画像はイメージ

アイルランドやアメリカのハロウィンのお祭りでは、収穫を祝い、野菜や果物を使ってたくさんの料理が作られるんだって!

本場のハロウィンのお祭りでは、どんな伝統料理が食べられているのか、チェックしてみよう!

本場アイルランドのハロウィン料理

ではまず、ハロウィン発祥の地、アイルランドでハロウィンの日に作られる伝統料理を紹介するよ~。

アイルランドではかぼちゃではなく、じゃがいもを使った料理が多いそうだよ。

家庭料理からお菓子まで、どんな料理があるのか見てみよう!

コルカノン

コルカノンは、マッシュポテトにしたじゃがいもに、キャベツやベーコン、香草などを加えてまぜて、牛乳やバター、塩などで味付けしたハロウィンの伝統料理。

各家庭によって味が違っていて、子供も大好きなんだそうだよ~。

ボクスティ

ボクスティは、マッシュポテトにすりおろしたじゃがいもを加えて焼くパンケーキだよ。

昔、アイルランドの農民が傷んだじゃがいもを食べる方法として生み出された料理なんだとか。

アイルランドではかなりポピュラーな料理で、ハロウィンだけでなく、朝食としてもよく食べられるそうだよ。

こちらも、じゃがいもをよく食べるアイルランドならではの料理だね!

バームブラック

バームブラックはデザートとして食べられている甘いパンなんだって。
紅茶にひたしたレーズンがたっぷり入っていて、シナモンやナツメグなどのスパイスが香るボリュームのあるパンなんだよ。

なんと、ハロウィンの日にはこのパンの中に指輪や硬貨、ボタン、布の端切れなどを入れて、食べた時にどれが入っていたかで運勢を占っているんだって!

ちなみに、指輪は「結婚できる」、硬貨は「お金が入る」、ボタンは「独身男性は結婚できない」、布の端切れは「貧乏になる」という結果だそうだよ~。

これを食べる時は盛り上がりそうだけど、間違って食べてしまわないように注意が必要だね!

キャンディーアップル

キャンディーアップルは、りんごに棒を刺してキャラメルやチョコ、マシュマロなどでコーティングするもので、日本でいう「りんご飴」のようなお菓子。

ハロウィンの日によく作られているそうだよ~。

キャンディーアップルはアメリカにも浸透していて、よくハロウィンの日に食べられているんだとか。

子供のテンションが上がること間違いなしだね!

アップルサイダー

食べ物ではないけど、ハロウィンの定番の飲み物にアップルサイダー(ラムスール)あるよ。

炭酸入りのリンゴジュースだと思われがちだけど、サイダーは入っておらず、リンゴで作ったビールに、砂糖とスパイス、しょうがなどをいれて混ぜて温めたものだそうだよ。

寒い日に飲むと、ほかほかと体が温まりそうな飲み物だよね~。

アメリカのハロウィン料理

本場のアイルランドから伝わって、今ではアメリカでハロウィンのお祭りは大きな行事として行われているよね!

そんなアメリカでも、ハロウィンの日に食べられている料理がいくつかあるよ~。
どんな料理やお菓子があるのか、確認してみよう!

マカロニチーズ

マカロニチーズは、アメリカでとてもポピュラーな料理。

ハロウィンだけじゃなく、家庭料理としても定番メニューなんだとか。

チーズたっぷりのマカロニは子供にもとても人気があって、ハロウィンでも大人気のメニューだそうだよ。

パンプキンパイ

アメリカでは家庭でよくパイが作られているけど、ハロウィンの時期にはパンプキンパイもよく作られているそうだよ。

でも、アメリカでは生のかぼちゃではなく、缶詰のピューレのかぼちゃを使うんだとか!
ハロウィンの時期になるとスーパーにたくさん売られているそうだよ。

生のかぼちゃを使った方がほくほくとして美味しそうだけど、かぼちゃは固くて処理が大変なので、できるだけ手間をかけずに作れるように工夫されているのかもね。

デビルエッグ

デビルエッグは、アメリカではよく食べられているパーティメニュー。

ハロウィンの時期には子供にも大人にも大人気のメニューだそうだよ。

ゆで卵を半分に切り、黄身の部分だけマヨネーズやマスタード、塩コショウなどで別に味付けをして、卵の中に生クリームのように絞り袋でかわいく盛り付けた料理。

デビルという名前がついているけど見た目もおしゃれでかわいくて、ハロウィンパーティでも人気がありそうだね!

デビルエッグ専用のお皿が売られているほど、ハロウィンだけでなく、パーティーで定番の人気のメニューだそうだよ~。

キャンディコーン

キャンディコーンは、アメリカのハロウィンでは欠かせない定番のお菓子。
とうもろこしの粒の形をしたキャンディーで、アメリカでは100年以上前から愛されているお菓子なんだとか。

黄色と白とオレンジの3色でカラフルに色付けされていて、やわらかくてとても甘いキャンディーなんだよ~。

アメリカではハロウィンの時期にはスーパーに大量に売られているそうだけど、日本ではなかなか見かけないよね。

どんな味なのか、ちょっと食べてみたい!

ハロウィンには食べ物を使ったゲームも!

ハロウィンには食べ物を使ったゲームも!画像はイメージ

ハロウィンの日には、本場のアイルランドでは食べ物を使ったゲームで遊ぶんだそうだよ。

どんなゲームなのか、順番に確認してみよう!

アップルボビング

まずは秋に旬を迎えるりんごを使ったゲームから紹介するよ。

アップルボビングと言われているゲームで、水を張った大きいたらいにりんごを浮かべて、口を使って取り出すという遊び。

なかなか口だけでりんごを取り出すのは難しいかも~。

子供も大人も盛り上がりそうなゲームだね!

バーニング・ナッツ

続いて、クルミやナッツを使った「バーニング・ナッツ」という遊びを紹介。

火のついた暖炉に、クルミやナッツの実などを投げ込んで、運勢を占うというゲームなんだって。

本命が二人いたら、ナッツを2つ投げ入れて長く火がついている方が良いという恋愛占いとか、自分が何歳まで生きられるのかという寿命占いなどをして楽しんでいるんだそうだよ。

キャベツ占い

ハロウィンにはキャベツを使った占いもあるそうだよ。

もともとスコットランドで生まれた占いで、目隠しをしてキャベツ畑に行き、引っこ抜いたキャベツを使って占うんだって~。

キャベツに虫食いのあとがあったら「裕福な結婚生活になりそう」、キャベツの芯をかじって甘い味がしたら「結婚相手はとても優しい」といった占いなんだそうだよ。

ハロウィンは自宅で伝統料理を作ってみよう!

ハロウィンの伝統料理ってどんなの?画像はイメージ

ここまでハロウィンの食べ物について紹介してきたけど、せっかくだから今年のハロウィンは自宅で伝統料理を作ってみてはいかが?

自分でも簡単につくれるハロウィンの伝統料理のレシピを紹介するので、ぜひ試してみてね!

コルカノンの作り方

アイルランドの伝統料理のコルカノンは、とても簡単につくれるよ!

まずはジャガイモをゆでてボウルにいれ、熱いうちにマッシャーでつぶし、バターや牛乳、塩をいれておくよ。

フライパンで炒めておいたベーコンとキャベツをじゃがいものボウルに投入して混ぜて、生クリーム、黒コショウをいれてあえたら出来上がり!

子供もとても食べやすいので、ハロウィンの日にぜひ一度作ってみてね~。

マカロニチーズの作り方

アメリカの人気料理のマカロニチーズもとっても簡単!

フライパンにバターと小麦粉をいれて混ぜ、牛乳を加えてとろみがついたら、チーズとコンソメを加えてさらにまぜるよ。

きれいに混ざったら、ゆでておいたマカロニを加えて塩とブラックペッパーで味を調えるだけ!

チーズがたっぷりだと子供も大好きだよね!

電子レンジでも作れるので、簡単にハロウィンの料理を作りたいときにもおすすめのレシピだよ。

ハロウィンの謎って知ってる?

まとめ

  • ハロウィンの起源はアイルランド・古代ケルト人のお祭りだった
  • 仮装はハロウィンにやってくる霊たちに見つからないようにするため
  • ジャック・オー・ランタンはかぼちゃではなく、元々はかぶだった
  • アイルランドのハロウィンの料理はじゃがいもを使ったものが多い
  • アメリカでもハロウィンの日にはたくさんの料理が作られる
 

当サイトの内容、テキスト、画像等の転載・使用を固く禁じます。無断転載は法律違反です。