スマホひとつで誰でも簡単にプロっぽい写真が撮れる「3つのポイント」

スマホひとつで【インスタ映え】

スマホひとつで誰もが手軽にプロみたいな写真を撮れる画像はイメージ

平成後期にInstagramが誕生して、あっという間に流行した「インスタ映え」というジャンル。見た目にインパクトがあったり色鮮やかだったり、惹きつけられる素材とそれを魅せるための高価なカメラとテクニックが必要だった。でもこれからは「スマホひとつ」で誰もが手軽にプロみたいな写真を撮れるようになる時代!今回は、スマホひとつで最高の一枚を撮るコツを紹介するよ。

誰でも簡単にプロっぽくなれる3つのポイント

スマホひとつで誰でも簡単にプロになれる画像はイメージ

レフ板も照明も三脚も必要ない。準備するものは、カメラ機能の付いたスマホ1台だけ。特殊なカメラアプリも不要!既存のカメラアプリでOK。

1.インスタで流行の被写体【真上から撮る俯瞰構図+逆光】

透明感や清潔感の演出に画像はイメージ

俯瞰構図は「ふかんこうず」って読むよ。難しいので覚えなくて大丈夫!食べ物を主役にするときは、被写体を真上から撮る俯瞰構図がキレイに見えるんだってさ。プラスで逆光という条件が加わると自然に影ができて食材に立体感が増すんだ。でも机の上がとっちらかっていると写真全体がうるさくなっちゃうので、事前にお手拭や箸はキレイに整列させるのがイイらしいよ。透明感や清潔感の演出にもなるね。また、被写体が2つ以上あるときは、あえて見切れさせるとまとまって見えるよ。

2.ボリュームを見せたいときは真横や斜め上から撮る

カメラのグリッドを表示画像はイメージ

カメラの設定で事前にグリッドを表示させておくと、パッと見で構図を意識した写真が撮れるんだってさ。9分割された線が交わる「交点」と呼ばれる部分に被写体を配置するだけで、写真の印象が大きく変わるそうだ。何枚撮っても上達しないタイプの人は、実践してみると違いにビックリするかもね。

3.セルフタイマー機能を使えば片手で狙った構図を逃さない

手振れ補正にも効果抜群画像はイメージ

人物を撮るときにカメラのセルフタイマー機能を使えば、相手に合図を送ってタイミングを合わせることが可能になるそうだ。被写体を見下ろさず、相手の腰の位置に合わせて屈んだ状態で撮影するとキレイに撮れるらしいよ。また、食べ物をひとりで撮影する際にスープや麺を掬った状態の構図などでセルフタイマーを使用することで手振れ補正にも効果抜群◎

家族でワイワイ撮影大会

個室がある居酒屋で撮影会を楽しめる画像はイメージ

家族や友人とアイデアを出し合って撮影したステキな写真をSNSでたくさんの人に見てもらうのも、食事の楽しさの1つかも知れないね。オシャンティなカフェで騒ぐのは気が引けちゃうけど、個室がある居酒屋なら問題なっしんぐ。料理の配置を変えてみたり、撮影係りを交代してみたり、楽しくワイワイ撮影会を楽しめる!新しいコミュニケーションのツールになっていくんだね。

実際に応募してみよう

写真をSNSに投稿して「10,000円分のお食事券」をゲット画像はイメージ

令和となった今では、居酒屋は大人だけが楽しむ空間じゃない。キッズルームのある店舗なら、小さなお子様だっておじいちゃんおばあちゃんだって気軽に家族で居酒屋を楽しむことができる時代なんだ。遊具で遊んでいるお子様を躍動感溢れる感じで、ジョッキ片手にビールを煽るお父さんをコミカルに、おばあちゃんが十八番をカラオケで披露するステキな瞬間を切り取って撮影するのも自由!そんな家族の思い出をSNSに投稿して「10,000円分のお食事券」をゲットできちゃうキャンペーンの詳細は、バナーもしくは下記のボタンからチェック!

キャンペーンの詳細はこちら

まとめ

  • スマホひとつで映える写真が撮れる
  • 特別な技術も機材も何もいらない
  • 3つのポイントだけ抑えておけばOK
  • 家族の新しいコミュニケーションに◎

キャンペーンの詳細はこちら

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の転載・使用を固く禁じます。無断転載は法律違反です。