【ラグビーワールドカップ2019】日本開催情報と楽しみ方

RWC 2019とは

ラグビーワールドカップの前にラグビーについてもっと知っておこう画像はイメージ

「絆 協創 そして前へ」
日本と世界の人々を強い絆で結び、誰も経験したことのない、ラグビーと仲間たちの祭典を協創しよう。
すべての人の輝く未来へ、進もう心ひとつに。

「Connect Create Go Forward」
Connecting people in Japan, Asia, and around the world to create a groundbreaking and inclusive celebration of Rugby and Community.
We will go forward as one, to build a better future for all.
※【公式】ラグビーワールドカップ2019日本大会|rugbyworldcup.comより一部抜粋

ハイネケンを飲んでラグビーワールドカップを盛り上げよう画像はイメージ

ラグビーワールドカップとは、4年に1度行われる15人制ラグビー世界王者決定戦のこと。ラグビーの価値と魅力を世界中に届け続けている。世界中のラグビープレーヤーにとって、選ばれた人間だけが出場することができる「憧れの舞台」だね。日程は、約7週間。選手たちのプレーや息の詰まる熱戦から、品位(INTEGRITY)、情熱(PASSION)、結束(SOLIDARITY)、規律(DISCIPLINE)、尊重(RESPECT)を感じることができる。夏季オリンピックやFIFAワールドカップと並ぶ、世界三大スポーツイベントのひとつと言われているよ。
開催期間
2019年9月20日(金)~11月2日(土)

参加チーム:20チーム
[1] 前回大会成績によって出場権を獲得しているチーム:12チーム
[2] 予選によって出場権を獲得するチーム:8チーム

試合形式:48試合
[1] プール戦 5チーム×4プール(プール内総当たり戦):40試合
[2] 決勝トーナメント 準々決勝/準決勝/3位決定戦/決勝:8試合

試合会場:日本全国12会場
・札幌ドーム
・釜石鵜住居復興スタジアム
・熊谷ラグビー場
・東京スタジアム
・横浜国際総合競技場
・小笠山総合運動公園エコパスタジアム
・豊田スタジアム
・東大阪市花園ラグビー場
・神戸市御崎公園球技場
・東平尾公園博多の森球技場
・熊本県民総合運動公園陸上競技場
・大分スポーツ公園総合競技場

試合日程

画像はイメージ

日本は「プール A」というグループからスタートするよ。まずは準々決勝を目指すため、プール Aの中で上位2位までにランクインする必要があるんだ。リアルタイムで感動を共有したいし絶対に見逃したくないから、日本の試合スケジュールは事前に要チェックだね( ✧Д✧)

【プール A】日本の試合日程
・ 9月20日(金)19:45~ 日本 vs ロシア(東京スタジアム)
・ 9月28日(土)16:15~ 日本 vs アイルランド(小笠山総合運動公園エコパスタジアム)
・10月 5日(土)19:30~ 日本 vs サモア(豊田スタジアム)
・10月13日(日)19:45~ 日本 vs スコットランド(横浜国際総合競技場)

ラグビーとアメフトの違いとは

画像はイメージ

1.装備の違い

アメフト:防具の着用が必須
ヘルメットやショルダーなど、着用が義務化されている装備が存在する。

ラグビー:防具の着用は不要
ヘッドギアなどはOK。でもアメフトほどの装備は着用できないから基本的に肌身で勝負する。

2.ボールの違い

アメフト:小さい
ラグビーよりも、比較的小さくて軽い。アメフトボールは、およそ397~425gとされている。

ラグビー:大きい
アメフトよりも、大きくて重い。ラグビーボール、およそ400~440gとされている。

3.パスの違い

アメフト:前にパスしてOK
前に投げてパスすることが許されているんだ。上手投げによるパスだって可能。

ラグビー:前にパスしたらNG
ボールを前に投げると反則になる。自分よりも後ろにいる選手に対して、下手投げでボールをパスする。

4.タックルの違い

アメフト:タックルされたらプレイ終了
防具で全身が守られているから、頭からタックルすることができる。タックルしようとしているディフェンスの選手に対して、ブロックしてもOK。ボールを持っている選手がタックルされると、プレイが終了となる。

ラグビー:タックルされてもプレイ継続
ボールを持っている選手にのみ、タックルすることが許可されているんだ。タックルするときには、肩よりも上に入ることは禁止。タックルされても反則がない限り、試合の流れは止まらない。ボールは、流れるように次のプレイに展開してくよ。

5.プレイの流れの違い

アメフト:プレイ毎にハドルで作戦会議
タックルされたり、パスが失敗したりしたタイミングでプレイが終了する。前のプレイと次のプレイの間には作戦会議のためのハドルができる。ハドルとは、選手たちがフィールド上に集まって情報共有を行うことを示すよ。

ラグビー:プレイが止まらずに流れ続ける
ボールが外に出たり、反則などがない限りプレーが断続的に続く。ボールを奪われずにキープし続ければ、制限なく攻撃をし続けられるという体力勝負。

6.人数の違い

アメフト:11人で選手交代は無制限
フィールド上にひとチーム11人の選手がプレイをする。選手交代は、無制限。プレイとプレイの間に、回数に制限なく選手はフィールドに出入りすることができる。

ラグビー:15人で選手交代に制限あり
フィールド上にひとチーム15人の選手がプレイをする。一度フィールドからベンチに下がった選手は、同試合中にもう一度試合に戻ることはできない。

7.得点方法の違い

アメフト:タッチダウン
エンドゾーンをボールキャリアが超えるだけで得点が入る。1度のタッチダウンで獲得できる得点は、6点。タッチダウン後は、ポイントアフタータッチダウンという制度がある。キックが成功すれば1点、プレイが成功すれば2点を追加で獲得できる。

ラグビー:トライ
ラグビーのトライは、ゴールゾーンにボールが接地しないと得点にならない。トライで獲得できる得点は、5点。トライの後は、コンバージョンキックが成功すれば2点を追加で獲得できる。

8.試合時間の違い

アメフト:Q1〜Q4の4分割
第1クォーター(1Q)から第4クォーター(4Q)までの4分割で、1クォーターにつき15分。試合全体の時間としては、2時間30分前後となる。

ラグビー:前半と後半の2分割
前半と後半の2分割で、1クォーターにつき40分。アメフトにはロスタイムがないけど、ラグビーでは前半と後半のそれぞれにロスタイムがある。

9.危険度の違い

アメフト:怪我率が高い
保険適用する怪我の発生率は、7%以上とされている。

ラグビー:怪我率は低い
保険適用する怪我の発生率は、6%以下とされている。

10.歴史の違い

アメフト:発祥は1906年
ラグビーのルールがアメリカに広っていき、1880年にラグビーでの「スクラム」から「スクリメージ」へとルールの改革が行われたことがルーツとされている。1906年に現在のアメフトの基礎となるルールが明文化されたことにより、アメリカンフットボールというスポーツが誕生したんだ。

ラグビー:発祥は1871年
もともとは、地域によって様々な独自ルールが存在していたそうだよ。1871年にラグビー協会が設立されたことにより、ルールが明文化されてラグビーというスポーツが誕生したんだ。

元気ですかー!キャンペーン

ラグビーワールドカップはハイネケン片手に楽しもう画像はイメージ

対象商品と一緒にハイネケンを注文すると、ハイネケンがお得になるキャンペーンの実施が決定!ビール好きには見逃せないこの神企画は、ラグビーワールドカップ2019™のワールドワイドパートナーであるハイネケンとのコラボ企画なんだ。おひとり様なら一杯から気軽に、気の合う仲間や職場の同僚たちと一緒なら楽しく気ままにハイネケンを楽しめるね。

まとめ

  • 4年に1度行われる15人制ラグビーの世界王者決定戦。
  • 開催期間は、2019年9月20日~11月2日。
  • 全20チームで48試合をプール戦と決勝トーナメントで争う。
  • 日程に合わせて事前予約ができる。

店舗検索はこちら