呑みはパフェでシメてる?!新定番の【〆パフェ】で甘い誘惑に酔いしれる♡

〆パフェって知ってる?

パフェって知ってる?画像はイメージ

〆パフェとは、飲んだ後など一日の最後を〆るパフェのこと。北海道・札幌の定番として広がり、今ではすっかり全国で定番化している。しょっぱいおつまみでお酒を楽しんだあとに甘いパフェで〆る。その新しい感覚がおしゃれ女子を虜にしているのだとか。なんだかちょっと大人の贅沢って感じで、気分もアガる♡早速試してみたいけど、そもそもお酒とパフェってどうなの?〆に食べるのは太りそう…。そう思う人も、諦めるのは時期尚早。お酒とスイーツの深~い関係を知っておこう。

お酒とスイーツは切っても切れない関係だった

画像はイメージ

パフェで〆たことはなくとも、飲み会の後にコンビニでアイスを買ってしまった。なんてエピソードにギクリとした人もいるのでは。それはあなたの意思が弱いのではなく、れっきとした身体の生理現象なのだ。肝臓は普段から多くの仕事を同時にこなしているが、ブドウ糖やアルコールを分解する仕事も行っている。アルコールを摂取すると肝臓はアルコールの分解に忙しくなり、ブドウ糖の分解機能が低下、低血糖状態を引き起こす。結果、甘いもの=糖分を欲するというわけだ。ラーメンやお茶漬け、焼きおにぎりなんかを食べたくなるのも同じ原理だが、脳が過去の経験からご飯や麺を食べると血糖値が上がるという仕組みを覚えているので食べたくなる、ともいわれている。以上の原理でお気づきの方もいるかもしれないが、つまり糖分を摂取すると血糖値が戻りアルコールの分解にパワーを使うことが出来るため、結果的に二日酔いの軽減につながる可能性があるとされる。

4コマ漫画画像はイメージ

〆に食べたい大人パフェ3選

あったかチョコソースと凍結フルーツで食べる北海道バニラアイスパフェ

あったかチョコソースと凍結フルーツで食べる北海道バニラアイスパフェ画像はイメージ 目利きの銀次

ひんやり×あったか。相反するものの組み合わせってどうしてこんなにも魅力的なんでしょう。まろやかで濃厚なチョコソースとひんやりフルーツがバニラに超絶マッチ♪溶けかけたアイスをビスケットですくって食べるのもパフェの醍醐味♡大満足でごちそうさま。

抹茶とココナッツのパフェ

抹茶とココナッツのパフェ画像はイメージ 千年の宴

ひんやり×あったかはわかるけど、抹茶×ココナッツって…!想像を超えてくる和洋コラボ、食べればその奥深さに思わず酔いも醒める。ココナッツアイスの爽やかで甘い香りとほろ苦い抹茶、思えばこれも相反する美味しさ?贅沢なあずきにもちもち食感がたまらないよもぎ団子…アイスと一緒に、全部欲張りに頬張って♪

〆パフェ 大人のチョコレートパフェ

〆パフェ 大人のチョコレートパフェ画像はイメージ 千年の宴

まさにパーフェクトな王道のチョコレートパフェでありながら、決して派手に着飾らず、凛と佇むまさに大人のパフェ。濃厚なブラウンに映える真っ赤なチェリーにキュン♡甘さ控えめだから、最後まで美味しく完食出来るのがウレシイ。どのタイミングでビスケット食べる?1枚はそのまま、もう1枚は砕いてトッピングしてみようかな…チェリーは最後に食べようか。子どものように真剣に迷いながら食べてこそのパフェだよね。ウイスキーと併せて、もっと大人の味わいを嗜むのも◎

まとめ

  • 飲んだ後に甘いものが食べたくなるのは人間の生理現象。
  • 二日酔いの軽減にも期待大。
  • 大人ならではの楽しみ方も出来る。
  • 時には誘惑に負けるべし。

店舗検索はこちら