ゼロ度冷蔵庫でキンキンに冷えたハイネケンはなぜ美味しいのか

ハイネケンの魅力とは

動画はイメージ

1人の男、1つの変わらぬ製法、そして、世界でたった1つの味わい。これがハイネケンの始まり。ジェラルド・ハイネケンは、その味わいで世界中を魅了するビールをつくった人だよ。1864年にハイネケンが誕生してから、ずっとアムステルダムに拠点を構えているんだ。192ヶ国で愛される美味しさは、変わらない完璧な製法から生み出されている。ハイネケンを呑んで、あなたもその味に酔いしれてみない?

世界のどこでも同じ、最高の味わい

動画はイメージ

ハイネケンが地ビールメーカーを名乗るようになってから、140年。192ヶ国で毎日2,500万本のハイネケンが呑まれているんだ。「品質はブランドの規模ではなく、ビールの純度で評価される」グローバルマスターブルワーは、15年の歳月をかけてその技術をマスターしたっていうスゴい人!だから、ハイネケンは世界のどこでも完璧なバランスのとれた同じ味わいを保っていられるんだね。日本でもニューヨークでもニューデリーでもタンザニアでも、キリっと冷えたハイネケンは同じ味わいを保ち、いつでもどこでも楽しむことができる最高のビール。

にわかラグビーファンでも楽しめる

動画はイメージ

ハイネケンラグビーワールドカップ™ にわかラグビーファン篇
ラグビーって日本ではまだファンになって日が浅かったりして、いわゆる「にわか」と呼ばれるファンが残念ながら多いよね。今回、ハイネケンがワールドワイドパートナーとして公開したこの動画では、そんな「にわか」ファンだってラグビーの虜になっちゃうよって内容なんだ。みんなとリアクションがズレてオドオドしちゃったり、注目するポイントが違ったって全然OK◎恥ずかしいって感じちゃったりして、同じような経験をした人が少なからず存在しているはず…でも実際はそれぞれが好きなように楽しむことが、ラグビーを最大限に楽しめるコツなんだ。ハイネケン片手になら、知らない人とだって新しいコミュニケーションの形を築くことができちゃいそう!

氷点下のビール!ハイネケンエクストラコールドの魔法

ハイネケンエクストラコールドでキンキンに冷えたハイネケンを楽しもう画像はイメージ

ゼロ度冷蔵庫の魔法、それはビールを最大限に楽しむための素晴らしい技術のことだよ。暑くなりはじめたら、ハイネケンエクストラコールド(Heineken Extra Cold)の出番!キンキンに冷えたハイネケンが呑めるのは、ビールが凍らない0度からマイナス2度の間で管理することができる冷蔵庫があるからなんだ。通常は5度から7度でサーブされることが多い樽詰め生ビールを「ゼロ度以下」という温度で楽しむことができる!ゼロ度を下回ることで雑味が軽減されるらしくて、呑みやすいし喉越しは爽快だしでキリッと冷んやり!いつもと違うカジュアルでスタイリッシュなハイネケンエクストラコールド、味わってみたくなったでしょ?梅雨のムシムシ時期や暑い夏には、涼しい店内で思いっきり煽りたい!くぅ~“o(><)o”たまらないね!ハイネケンのエクストラコールドを取り扱う飲食店は、年々増加の傾向にあるんだ。通常のビールと比べて苦みが感じにくくなるから、ビール離れが懸念されている若者やビールが苦手な人・女性にも支持されているらしいよ。

なぜ、瓶ビールは美味しく感じるのか

実は缶ビールも瓶ビールもジョッキビールも、中身はどれも同じビールなんだよね。普段はジョッキで「取り敢えず生ビール」と注文することが多いんだけど、ビール派がよく集うお店なんかを訪れると瓶ビールを推しているところをチョイチョイ見かけるんだ。そういうお店で瓶ビールを頼むと、何故かいつもよりも格段に瓶ビールが美味しく感じたりする。ナゾだよね。自分では何となく美味しいって感じているんだけど、ちゃんと理由があったんだ。わかりやすいようにポイントを図にしたから、比較してみよう。

缶ビールと瓶ビールの違い

1.材質の違い
缶:金属
缶から直接呑む時に唇に金属が触れる感覚によって、ビールから金属の味がするという錯覚が起こる。

瓶:ガラス
密閉度が高いから炭酸が逃げず、ガラスからの溶け出しなどによる不純物が少ない。

2.運搬時の影響の違い
缶:ダンボール
左右上下に揺さぶられながら、運搬される。

瓶:専用ケース
専用ケースで垂直な状態を保ったまま、運搬できる。

3.注ぎ口の形状の違い
缶:注ぎ口が広め
直接口を付けて呑めるように広くなっている。最初にどばっと勢いよく出てきがちで、比較的荒い泡になり炭酸もちょっと弱くなる。

瓶:注ぎ口が狭め
グラスに移して呑みやすいように狭くなっている。静かに細く出てきがちで、泡が立ちにくいから炭酸が残って強い味になる。

ジョッキビールと瓶ビールの違い

1.保管方法の違い
ジョッキビール:樽
シールキャップを開けた瞬間から、徐々にガスが抜けて味が大きく変わってきてしまう。

瓶ビール:瓶
栓を開けてグラスに注ぐだけで最適なガス抜きがされるから、どの店でも安定した品質を誇る。

2.衛生面の違い
ジョッキビール:サーバーから注ぐ
店舗でのサーバー洗浄など手入れの具合によるから、衛生面が不安。

瓶ビール:工場で瓶詰め
工場で新鮮な状態のまま瓶詰めされるから、衛生的。

3.コスパの違い
ジョッキビール:中ジョッキ
一般的なサイズは、285ccで相場が450円~600円くらい。ビールと泡の対比は7対3が基本なので、実際はこれより少ないこともある。

瓶ビール:中瓶
一般的なサイズは、500ccで相場が480円~630円くらい。

元気ですかー!キャンペーン

画像はイメージ

対象商品と一緒にハイネケンを注文すると、ハイネケンがお得になるキャンペーンの実施が決定!ビール好きには見逃せないこの神企画は、ラグビーワールドカップ2019™のワールドワイドパートナーであるハイネケンとのコラボ企画なんだ。おひとり様なら一杯から気軽に、気の合う仲間や職場の同僚たちと一緒なら楽しく気ままにハイネケンを楽しめるね。

\\ 続報を待て //

まとめ

  • ハイネケンを呑むと対象メニューがお得になる。
  • ラグビーにわかファンも大歓迎のワールドカップ。
  • キンキンに冷えたハイネケンが呑める。
  • 瓶ビールの美味しさには理由があった。

※一部店舗ではハイネケンのエクストラコールドは、取り扱いがございません。

店舗検索はこちら